タブレット式レジに必要な周辺機器

レジスター

キャッシュドロア

タブレット式レジだけでは、スムーズな会計をすることが難しいです。レジでは支払いをするため、お金をレジ内に入れないといけません。そんな時のためのキャッシュドロアです。お金を入れている普段見ているレジの真下にある黒い箱のようなものです。その中にはお金はもちろん、領収書や印鑑などが入っている場合があります。用途は人それぞれですが、基本的にはお金を入れて使うことが多いと言われています。

レシートプリンタ

レシートは、今購入している商品の明細になります。その明細をレシートといい、レシートを集めて家計簿を作成してる家庭も多くあります。また、支払い時トラブルの場合にも、販売した明細もすべて記録しているのでいつでも対処することが可能です。

その他機器

飲食店起業を考えているならキッチンプリンターは必要です。オーダーを厨房に伝えるためのプリンターです。これがあるのと無いのではお客様への食事の提供のスピードが変わります。またクレジット決済のためのカードリーダーも必要ですよ。

レジの選び方

レジの選び方タイプ

レジは大きく分けると物販店向けと飲食店向けがあります。2つのレジはボタンの配置や売上計算方法などが異なり、それぞれ導入する場所によってメリットが全く違うので覚えておきましょう。

印字の方法

レジにはお店の名前などの印字ができる機能がありますが、できないものもあります。どんなことを印字できるのか詳しく確認してから導入すると失敗することもなくなるでしょう。

部門を登録できる

レジを導入するときには、タブレットタイプか一般的なタイプで悩む人が多いと思いますが、部門登録ができるかどうかも重要なポイントです。この機能が備わっていると部門別で売上計算ができるのでとても便利です。

商品の登録方法

レジの商品登録方法には、PLUとJANと呼ばれる専門用語があり、登録の仕方も独特なので、どうやって商品を登録するのか、導入前に使い方をしっかり確認しておきましょう。

連携できる機器

最近のタブレット式はパソコンなどと連動して売り上情報を保存できるようになっています。そのため過去のデータ管理などがとても便利でわかりやすくなりました。このポイントもレジを選ぶときにしっかり確認しておきましょう。