タブレット式レジ情報局

飲食店のためのタブレット式レジ使用方法

今までのレジは使用方法が違う!

飲食店では手書きの伝票で注文を受け、その伝票を元に調理して提供する流れが一般的でした。しかし、現在レジも進化して、タブレット化することで持ち運びできる様になりました。

飲食店タブレット式レジの使い方

レジ

座席案内の際

タブレット式レジは来店したお客様に席を案内する時便利です。会計が終わるとタブレット上で座席表示が空席になります。そのため座席待ちをしているお客様をスムーズに案内することも可能です。

注文を受ける時

タブレット式レジなら手書きの伝票は必要ありません。お客様の席で登録したメニューをタッチするだけで注文受付ができます。また、受けた注文を厨房に送信するだけでお客様を待たせないため、サービス向上にもなります。

混雑時の注文受付

ランチタイムや休日の昼食や夕食時は飲食店は忙しくなります。注文時に伝票を送信する機能があるタブレット式レジなら厨房に行く時間を短縮することができるため、他の注文にもスムーズに対応することが可能です。またキャンセルすることも手書きと違いタッチで行えるため誤注文も減ります。

注文受付をお客様に任せる

タブレット式レジなら店員がいなくてもパネル操作でできます。その方法だと、わざわざ店員を呼ばなくても手軽に注文することができます。

精算する時

手書き伝票の場合はキャンセルしても誤って会計時に入力してしまい、誤精算になるケースがあります。タブレット式レジではそういった誤精算になることもないので、お客様と店舗が会計時に揉める心配がなくなります。